納骨堂許認可に携わる公務員になる方法

公務員になる方法faq−1

公務員

納骨堂許認可に携わる公務員になる方法FAQ−1

ここでは、公務員試験や公務員に関して皆様が抱いていらっしゃる素朴な疑問をまとめてみました。
役に立つかは分かりませんが、読んで参考にしていただければ幸いです。

公務員試験について

Q1:どれくらい勉強すれば公務員になれるの?
A1:勉強の仕方によります。私は「どれだけ勉強したかで合否が決まる」と書きましたが、要領のいい勉強をした人なら短期間でも合格できます。私はそのための必要最低限の勉強法を書いたつもりでいます。私の知人には働きながら国家U種や地方自治体の試験に受かった人がいます。率直に尊敬します。あたしにゃとてもできませんわ。
Q2:大学の法学部や経済学部を出た人がやっぱり有利なの?
A2:そうとばかりは言い切れません。社会人や理系の人でも行政の公務員試験を受ける人は大勢いますし、現に多くの人が合格しています。確かに勉強した内容が頭に残っていればそれなりに有利かもしれませんが、大学の勉強と公務員試験の勉強はかなり違います。大学で公務員試験ゼミとかをやって専門的にやっている人はともかく、そうでなかったらあまり関係ありません。差はあるとしても勉強法次第で簡単に詰められます。
Q3:合格ラインはどれくらい?
A3:6割から7割が目安ですが、その時の試験の問題のレベルにより大分違ってきます。私の時は経済原論で鬼のように難しい問題が出て友人ともども頭を抱えましたが、結果二人とも受かりました。そんなもんです。
Q4:勉強はどこから入ればいいの?
A4:まずどういう方法を取るかを考えましょう。予備校に通うか、通信教育をやるか、さもなくば独学か(私はあまり勧めませんが)。それが決まったら善は急げで一日も早く始めましょう。科目としては、先に書いたいわゆる「必修5科目(憲法、民法、行政法、経済原論、数的処理)」を固めることを勧めます。ちなみに私の目では、最もとっつきやすいのは憲法で、これはとっとと終わらせるべきです。最もとっつきにくいのは民法ですが、これをどうするかはその人次第です。極論では「捨てろ」という人もいますが、ウエートを考えると無理でしょう。嫌でも少しずつやっていくしかないのではないでしょうか。
Q5:情報はどうやって仕入れればいいの?
A5:実務教育出版が出している月刊誌「受験ジャーナル」を読めば必要な情報は仕入れられます。ちょっとした本屋さんに行けば売っているはずなので見ておきましょう。
Q6:論文試験、集団討論、面接試験の対策は?
A6:論文試験に関しては、行政に関する本を読んである程度の知識はつけておきましょう。あと新聞、テレビで時事ネタを仕入れることも怠りなく。「日経」まで読む必要はありませんが、一般紙は読んでおきましょう。地方自治体を受ける人は地方紙を読むと効果的かもしれません。主宰のようにスポーツ紙しか読まないような奴は論外です(笑)。集団討論もそれでいけるでしょう。面接は一般の就職活動同様しっかりと自己分析をすること、聞かれそうなこと(志望動機をはじめ、面接にありがちな質問)についてあらかじめ自分なりの解答を考えておくこと、そしてあまり自分を飾ろうとしないこと。硬くなるのは仕方ありませんが、あがり症の人はそれを逆手にとって「実直な自分」を表に出すとか、対処の方法はあるはずです。あまり自分を良く見せようと思わないで、素の自分を出せればいいでしょう。それでだめなら諦めもつくはずですから。
Q7:論文の書き方に良い書き方・コツはあるの?
A7:論文というのは基本的に、「ある問題に対して貴方はいったいどういう意見を持っているのだ?」ということを聞きたい訳ですから、それに応えてあげないといけません。即ち、「問題に対してどういう疑問・問題意識を持ったか」ということと、「その問題を解決するためにはどうしたらいいのか」ということが必要になります。それを核にして書いていくわけです。あとは論旨があちこちに飛ばないよう序論→本論→結論の流れをしっかり組み立てることや、だらだらした冗長な文にならないよう簡潔にまとめることといったことが必要です。これをつかむにはある程度練習が必要かもしれません。テクニカルなことは対策本を読むなり予備校にいくなりすれば教えてくれるでしょう。必要以上のテクニックはいらないと思いますが…いずれにせよ、一朝一夕ですぐ書けるようになるコツはないのですが、「自分の意見・問題意識をしっかり持つこと」を癖として身につければ自ずといい文章が書けるようになるでしょう。
Q8:浪人・留年・複数回受験はハンデになるの?
A8:私見になりますが、ならないと思います。主宰は浪人経験がありますし、同期の殆どはそんな主宰より年上です。つまり、ストレートで行ける奴のほうが珍しい、ということです。ほぼ完全に実力のみの世界なので、そんな心配をする暇があるなら勉強して力をつけて下さい。杞憂です。
Q9:国Uを受けるんですけど、どういう勉強法をしたらいいんですか?地上との違いは?
A9:基本的には地上とあまり変わらないので、地上を受けないという人でも同様の勉強をしてください。地上よりも範囲が広いことが心配かも知れませんが、国Uは試験場で捨てる問題を決められるのでそれほど気にする必要はないでしょう。しかし、カバーしていない分野があるとその分選択の幅が狭められてしまうので、より「広く浅く」やった方が得策と言えるかも知れません。一説には「法学部超有利」と言われるらしいですが、なるほど法律の占めるウェートは高いので、基本的な問題・典型的な問題を中心に模試・問題集に当たり、傾向を肌で感じることが重要だと思います。あと、英語と数的が専門でも確か出題されるはずなので、教養の勉強の中でもこれらはきっちり固めておきましょう。

納骨堂許認可に携わる公務員になる方法ページTOPに戻る