納骨堂許認可に携わる公務員になる方法

公務員になる方法FAQ−2

公務員

納骨堂許認可に携わる公務員になる方法FAQ−2

合格後について

Q1:何かやらなきゃいけないことはありますか?
A1:国家T種、U種の場合は官庁訪問をしなければいけません。これは一次試験の合格後にあるもので、一般の就職活動と同じように官庁を回って採用内定をもらわないといけません。内定がもらえないと就職できないので不合格と同じことになります(確か3年は合格者名簿に名前が残り資格だけは残るはずですが)。東京本省希望の人は一次の合格発表と同時くらいにもう活動を開始しないといけません。地方機関希望の人は8月上旬にその地区の地方機関が集まって説明会があるのでそこで情報を収集し、その後官庁訪問開始ということになります。地方公務員その他の場合は、よほどのことがない限り「最終合格=採用」なので(以前これが守られなかったばっかりに裁判沙汰になった例がありましたが)、向こうから何か言って来ない限りなにもしなくていいです。勉強するなり遊ぶなり好きに時間を使ってください。ただ「レポートを出せ」とかそういうことを言ってくる場合はあるようです。また、採用予定者を対象とした説明会などが行われる場合もあります。
Q2:配属はいつ決まるの?
A2:大体官庁の人事というものは3月の下旬にまず上から決まっていくので、下っ端の新規採用の人が決まるのは相当後です。国家T種、U種の東京本省の場合は採用内定の時に勤務地が決まるので安心なのですが、それ以外の場合はどこに配属されるのかなかなか分からないことは覚悟しましょう。ひどい場合3月の27日くらいに配属先が決まってそこから引越しをしなきゃいけないなんて場合も…市町村や東京特別区レベルならどこに配属されても知れてるのですが、国家の地方機関・都道府県あたりになると大変です。何とかしてもらいたいものですね。

公務員の仕事について

Q1:どんな仕事をするの?やっぱり住民と直接接する機会は多いの?
A1:市町村や東京特別区、政令市の区役所あたりなら配属先によっては多い所もあるでしょうが、そうじゃなかったらそれほどでもないというのが私の印象です。例えば質問してみますが、「あなたは国の省庁や県庁に行ったことがありますか?」多分ある、という人は少ないはずです。私も就職までは役所に行ったことなんて殆どありませんでした。それで分かると思います。あくまで私の印象ですが、大多数の所は普通の企業と同じようなデスクワークじゃないのかな、と思います。公務員にしても企業にしても、「組織の一員・歯車」であることには違いない訳ですからね。ちと哀しいことですが。ただ、一般企業と比べていろんな種類の仕事が出来ることは魅力の一つだとは思いますよ。
Q2:公務員にとって一番大切なことは何だと思いますか?
A2:忍耐強さと調整能力、ですかね(笑)。住民と接する時もそうなんですが、同様に上司など職場の同僚と接する時の人間関係も公務員に関して言えばすごく大事だと思います。こういう所で摩擦起こしたら仕事が進みませんから(苦笑)。良きにつけ悪しきにつけ、仕事の能力よりも人間関係をいかに上手く運ぶかで評価が決まるのが公務員なんじゃないですかね。
Q3:5時に帰れるというのは本当?
A3:その手の期待はしない方が良いです(笑)。時期的に定時に帰れる時期とか、いつも5時に帰れる職場とか(出先機関とかに多いようです)もありますが、多くの場合公務員も結構遅くまで残業しています。特に霞ヶ関のキャリアはすさまじく、「不夜城」と言われていて、寝るために家に帰るのも惜しいくらいらしいです。
Q4:公務員の最高の良さは何?
A4:「守ってくれること」ですかね。何か不祥事でもやらかさない限りクビにはなりませんし、家庭の事情とか健康上の事情とか、そういう事に関してはなんだかんだ言っても結構配慮してくれます。「公務員病弱王」で「公務員ノイローゼ王」の主宰がクビにならないのはひとえにそういう配慮のおかげであり、感謝しています。いや、マジで。
Q5:地方都市に住んでいますが、都道府県に就職してずっとこの街で勤務することはできますか?
A5:家庭事情等に応じてある程度の配慮はあると思います。ずっとその街、ということは難しいかも知れませんが、近隣の都市の機関と往復、のような形で。主宰も地方機関の事務所を知っていますが、その街に家を持っている人が割と多くいて、そういった方々は長い間その街オンリーで勤務している場合が多いようです。ただ、やはり本庁勤務等どうしても思う通りにならない場合もあるかも分かりません。人事だけは予測不可能な面もありますから…

とりあえず今まで聞かれたこととかをまとめて書いてみました。
ただ、ここに書いてあることが全て正しいとは言い切れませんので、詳しいことについては周りの事情通の方であるとか、予備校のプロフェッショナルな方々であるとかいったところに聞いて見られることをお勧めします。

納骨堂許認可に携わる公務員になる方法ページTOPに戻る